DVDとは

DVDはCDと同じく記録媒体の一つですが、出回るようになったのはCDが先であり、CDよりももっと優れた記録媒体を作ろうということで開発されたもので、CDが第一世代光ディスクと呼ばれるのに対し、DVDは第二世代光ディスクと呼ばれ、開発当初はCDより大容量記録できるということで用途はビデオに限定して考えられていましたが、色々な場面で応用が利くことから多目的という意味のVersatileという言葉をいれてDigital Versatile Discという名称になり、頭文字をとりDVDというようになりました。

DVDの読み取りは専用レコーダーが必要になり、ディスク表面に赤色レーダーを照射し、その反射からデータを読み取る仕組みになっているので、表面に傷などがつくとデータが読み取れなくなる恐れがあります。

DVDを買取してもらおう[http://www.babyteardrops.com/]によると、DVDは多目的であるとはいえ、一般的にはやはり映像記録のトップメディア、従来のビデオテープに取って代わったという印象が強く、映画やドラマがDVDに収められ発売された際にはCDと勘違いする人も多くいたと聞きます。

また従来のビデオテープは本のように分厚かったために、レンタルショップや中古販売店では取扱いに手間がかかったのですが、DVDになって以来スペースを取らなくなったので、レンタルショップでも扱う作品を増やすことができましたし、買取なども積極的におこなわれるようになりました。